生活習慣病

奢る生活習慣病と自民党は久しからず

生活習慣病とは、偏った食生活や運動不足、ストレス、喫煙など様々な生活習慣で

糖尿病、、高血圧、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血、がん、腎臓病、肝臓病などの

命にかかわる重大な病気になる可能性があります

基本的には自民党などと同じく欲深で女性は食欲を抑えられず毎日欲望の赴くまま

好きなものを貪り食うからこのような状態になってしまいますホウレン草由来のチラコイドは食欲抑えるチラコルを通販でプレゼント

不景気、失業、生活保護、自殺、倒産、病気など日本列島にも生活習慣病が蔓延しています

これらの日本列島の生活習慣病は自民党とかいう香具師が引き起こしたものです

これらの生活習慣病を防ぐには日本の伝統食である和食にすることで防ぐことができます

日本列島の生活習慣病は選挙の投票率が概ね90㌫になると自民党が消えて無くなり

以下の重大な症状 不景気、失業、生活保護、自殺、倒産、病気なども改善されます

水は命の水ですが血液の詰まりを防ぎ心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血などの予防になります

日本列島も水をたくさん飲み血液の詰まりを防ぎ自民党を壇ノ浦に流すと

すべてを水に流し綺麗さっぱり瑞々しい美しい国土になり

以下の重大な症状 不景気、失業、生活保護、自殺、倒産、病気なども消えてなくなります

生活習慣病と自民党は余分な皮下脂肪と同じで日本列島にも国民にも必要ないものです

さようなら生活習慣病と自民党

これからは和食を食べます

歴史、伝統文化、ビタミン、ミネラル、食物繊維、たんぱく質などが豊富に含まれ

日本列島にも体にもやさしい食べ物です

駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは生活習慣病と自民党

ウミネコ

海猫ウミネコは猫科の猫である

一般的な生息地域は愛媛県東部沿岸に生息しています

主食は魚類及びアワビやサザエなどになります

人間との関係は基本的にはウィンウィンの関係です

一般的に素潜りが上手く魚及びアワビやサザエを取る猫です

愛媛県東部沿岸部の小島 招き島に生息しているといわれています

招き島はまぼろしの島といわれ見たものはごくわずかな人だけです

歴史は古く万葉集にも歌われ

三韓征伐の防人に素潜りでとったアワビやサザエをプレゼントしたと記されています

その他、日本書紀や古事記にも記録されています

最近は生息数が激減して国から天然記念物指定されています

昔から目撃すると幸運を呼ぶと言われ見た漁師は数年大漁になり猫御殿が建つといわれています

かの毛利元就も能見氏から献上された素潜り猫を手に入れてから

運気が向上して中国地方を統一して中国地方の覇者になったといわれています

この時献上された素潜り猫はその後毛利両川

小早川隆景、吉川元春の手にも渡り両川家秘蔵の猫として珍重されました

その後関ヶ原の合戦後の長州藩で毛利家秘蔵の猫として飼われ

現在は15代目の素潜り猫が現存しています

その他には伊勢藤堂家の素潜り猫が現存しています

伊勢藤堂家の素潜り猫は藤堂高虎が今治を領地にしていたとき

お堀で素潜りをしていた猫を捕縛したのが起源になり

藤堂高虎が伊勢32万石に加増されたときに一緒に連れて行ったといわれています

その後、藤堂高虎より徳川家康、徳川秀忠に献上された2匹の素潜り猫が献上されましたが

駿府大火災の時に行方不明になりました

将軍家に献上された素潜り猫はその後5代将軍綱吉により追放されてしまいました

伊勢志摩の素潜り猫は文献上にはっきりしているものは元和6年(1620年)の藤堂高虎日記になります

伊勢志摩の素潜り猫は最新の研究では海女から献上されたアワビをヤマトタケルが食べたと

ヤマトタケルが景行天皇に書いた書状に書かれていたことがわかっています

この海女から献上されたアワビは素潜り猫が取ったもので海女の手からヤマトタケルに献上されています

ヤマトタケル歌

伊勢の海の 素潜り猫が 採りて鮑 美味美味 五穀豊穣と詠まれています

その後素潜り猫が取った鮑は縁起物として
伊勢神宮での神事に使用される熨斗鰒(のしあわび)として珍重されています

海女の間では素潜り猫がアラメやワカメを食べていると

海が荒れ漁に出ることができないと言い伝えられています

その後明治維新の時に藤堂家より明治天皇に献上された素潜り猫が

明治天皇が食べるアワビやサザエを東京お台場あたりで取っていましたが

東京大空襲により逃げ出してしまいました

明治天皇は素潜り猫が取ってくる海の幸がとても好きで

死ぬ間際の食事も素潜り猫が取った海の幸でした

今現在は素潜り猫が生息するのは愛媛県東部沿岸の島だけになります

確かな目撃情報は今から約50年以上前です

背中にきび

背中側のにきびのきっかけは背中側はうっすらとした汗をうまく
大汗をかきますからそれが背中側に出来る
にきびのきっかけとも言われています。
また、ケミストリーグラスファイバーの
衣服などは寝ているときの発汗するの
通気を悪くしますからそれによって
にきびが出来やすいとも言われています。

皮膚
また他にも毛髪を洗ったときなどに、
シャンプーやリンスが正確に洗い流されていなくて、
洗い残しが背中側に残ってしまって、
背中側のにきびになるとも言われています。
ですから、背中側にきびを防ぐためにも、
背中側を正しく流す必要があります。
背中側のにきびはまた、
ホルモンのサジ加減によってにきびが出やすいとも言われています皮膚から、内向的な気質の人物は背中側にきびが出来やすいとも
言われています。背
中側にきびはなかなかわたくしでも気配りしにくいので
夏場など背中側の開いた衣服を着れなかったりと
背中側にきびのある人物はとりどりと悩んでいるようです。

バストのハリ

バストのハリを保ち、綺麗な形を保つ為にツボを押すという方法があります。これも根気よく、無意識に押しているような癖にしましょう。こう言ったツボ押しやマッサージと言った方法は、入浴の際に行うとより効果があると言われています。入浴は身体をリラックスさせます。心も体もゆったりした状態でマッサージを行う事によってより効果が出てくるのです。逆にストレスはバストアップの為には最も無い方が良い物です。ストレスがたまってくると女性ホルモンのバランスを崩してしまいバストアップ所ではなく身体の至る所に不調を呼んでしまいます。ですからゆったりとした時間が送れる入浴タイムを利用してバストアップしていきましょうそれでも芸能人みたいに女性ホルモンサプリメントを飲む。では下記に上記2つのツボについて説明してみたいと思います。だん中(だん中は左右の乳首を結んだ線のちょうど真ん中)女性ホルモンのエストロゲンの分泌と関係があり、バストアップだけでなく肌を美しくする働きもあります。ツボの押し方だん中を刺激する場合は、だん中に右手の人差し指と中指をあて、左手の人差し指と中指を右手の指の上に重ねて押します。天渓(バストと胸部の境目、バージスライン(乳房の輪郭線)のわきで、乳首の高さに位置し、左右両側にあります)乳腺の発育と深く関係しているツボ。ツボの押し方天渓を刺激する場合は、左右のバストを持ち上げるようにして、親指で内側に向かって押してください。この刺激法を左右同時に行います。スタイルナビBお手軽EMS運動 スタイルナビBそれでもまだ、楽したいというあなたの為に本格派EMSを使用したマッサージ機をご紹介します。本格派EMSで大胸筋を筋トレ!理想的なバストのボリューム&カタチに♪ 生体電流波で筋肉を刺激し、なりたいバストにデザイン上げてコース・寄せてコース・ボリュームアップコースのモード切替で、バストメイク理想を言えば、ボリュームもあってカタチもよくって・・と欲張りでしょうか?女性ですもの♪美しいバストラインへの追求は底知れない!ちっちゃくたって、大きくたって少しでも魅力的にみえるように、常に努力してるんです。そんな方にさらなる朗報が☆女性の味方、プラソニエから超画期的な新製品が登場。ダイエット器具としておなじみのEMSをバストメイクに応用した、ちょっと刺激的なアイテムなんです。
ブドウ糖

あいつの毛

ペットショップにはさまざまな純血の種類の猫がいます。気に入った猫をその場で買えるので一番手軽な方法です。 しかし、ペットショップで猫を買うとしても注意すべき点があります。まず、店内が清潔できちんと質問に答えてくれる信頼のおけるショップをえらびましょう。 店員の人が猫に対する知識が乏しかったり、愛情が無いと感じる店は避けたほうがよいです。知人や友人から譲り受ける場合は仔猫の場合、生後2ヶ月を過ぎてからにしましょう。生後にすぐ親猫から引き離すと、親兄弟から必要なことが教えられず内向的な性格になってしまったり、免疫力が弱かったりします。 また、トイレのしつけの有無や食事などを何をどのように与えていたを確認してください。可能であれば譲り受ける前に何度か訪ねて行き、実践しているのを見てみたり、仔猫を触ってみたりなどして少しずつ慣らしておくとよいです。捨てられた猫などが動物病院に預けられていることがあります。また、地域のフリーペーパー、スーパーや里親募集の団体、最近ではインターネット等でも里親を募集していることがあります。保健所には年間約30万匹もの猫が収容されています。その多くは人間の身勝手により捨てられた猫です。彼らは今でも飼い主をまっているのかもしれません。 品種にこだわらないのであれば彼らの新しい飼い主になることも一度考えてみてはいかがでしょうか。一般的にオス猫は人懐こく甘えん坊で感情をストレートにあらわします。行動的で行動範囲も広く、発情期になるとメスを求めて外に出たがります。一方メス猫はオス猫よりも控えめで細やかな性格です。 おとなになるとオス猫の方がからだも大きくがっしりとしてきます。メス猫は華奢でしなやかさがでてきます。純血種は性格や成長した時の姿が想像でき、自分の好みに合った猫を選びやすいですが、雑種の場合はどのように成長するかの想像がつきにくいです。しかし、それゆえに成長の楽しみが増えるということもあります。 また、純血種だと雑種よりもかかりやすい病気等がありますが雑種の場合はからだが丈夫で病気にもかかりにくいです。短毛種の場合、毛があまり伸びないのでブラッシングなどの必要があまりなく、手がかからないので、忙しくあまり手がかけられない方に向いているといえます。 一方、長毛種の場合は毛が伸びますのでブラッシングやシャンプーなど猫を手塩にかけてお世話を焼きたい人に向いているといえるでしょう。毛に艶があるか 2.手足ががっしりとして、体がずっしりとしているか 3.目がいきいきと輝いているか、目やになどがついていないか、充血していないか 4.歯茎はピンク色をしているか、舌はざらざらしているか 5.耳の中はきれいか、耳垢や悪臭はしないか.猫が安心して眠れるような専用のベッドが必要です。猫がよく昼寝をしている場所がお気に入りの安心できる場所ですのでそこにおいておくとよいです。猫がゆったりと入れる箱状の容器とねこ砂を用意します。 また、猫はとてもきれい好きなのでいつも清潔にしておいてあげましょう。餌用と水用の2つが必要です。ある程度重みと深みがあるものがお勧めです。キャットフードは仔猫の場合、今まで食べていたものを最初のうちはあげます。特に毛の長い猫は必需品です。こまめにブラッシングをしてあげることにより、毛がからまったり毛玉の防止になるということのほかにも飼い主とのコミュニケーションを図ることにもつながります。爪とぎは猫の本能なのでやめさせようとするのではなく、決まった場所(爪とぎ器)でさせるようにします。そうすることによりお気に入りの家具などを傷だらけにされずにすみます。猫を病院や旅行などに連れて行くときに大変役に立ちます。家の中だけで猫を飼おうとするときは、外の世界をまったく知らせずにしておいた方が猫のストレスはたまりません。 一度、外の楽しさを知ってしまうと外に出たがり、出してもらえないことでストレスがたまるだけでなく、目を離したすきに脱走する恐れもでてきます。生後3週間くらい経ち、固形の食事をとるようになってからトイレのしつけを始めます。 猫が落ち着かずソワソワしてきたらトイレに連れて行き、トイレ砂の上にのせてあげます。上手に用がたせたらほめてあげましょう。これを何度も繰り返します。 そそうをしてしまった時には怒らず、すぐに掃除をしてにおいを完全に消してしまいます。また、猫はきれい好きなのでトイレはいつも清潔にしておいてあげるようにしましょう。爪とぎは猫の本能なので、やめさせようとするのではなく、決まったところでさせるようにします。 猫が気に入る爪とぎ器を用意し、その場所で爪をとぐようにしむけます。違う場所(壁やソファー等)で爪とぎをしている時はその場で叱り、爪とぎ器の位置まで連れて行きます。 また、伸びた爪を定期的に切ってあげましょう。 足をしっかりと押さえて専用の爪きりで先端の透き通った部分を1?2mm程度切ります。 赤いところは爪の髄で神経なので切るととても痛く、出血をすることもありますのでその部分は切らないように気をつけてください。猫にとって遊ぶことはとても大切なことです。仔猫にとっては成長する上で丈夫な骨格を作る運動でもあり、社会勉強でもあります。成猫にとっては、運動不足の解消にもなり、ストレス解消にもなります。 また、飼い主と遊ぶことは飼い主との絆をより深め、信頼関係を築く上でとても大切なことです。 猫は動いているものをみると反応せずにいられない習性を利用し、ボールを投げたりねこじゃらし(それに似せたおもちゃ)を振ったりして遊びましょう。また、懐中電灯や鏡を反射させた光にも反応します。猫に必要な栄養素は40種類以上あります。その中でも特に必要なものを挙げます。 タンパク質 猫の体を作り、エネルギーとなるのがタンパク質です。私たち人間や身近なペットの犬と比べてもタンパク質の必要な割合は大きいです。 ビタミン ビタミンAは目の保護、ビタミンBは体調の維持に必要です。また、ビタミンEは骨と歯の形成に欠かすことができません。 脂肪 エネルギーの源になる他、毛の光沢を出すことにも欠かすことができない栄養素です。 ミネラル 骨や歯の形成に必要です。しかし、バランスよく摂ることが重要で、特にマグネシウムの摂りすぎはよくありません。 大麦若葉青汁などの病気の予防になる人間なら食べても何ら害のないものでも猫に与えると害になるものがあります。 ねぎ類 たまねぎやにんにく等、ねぎ類には血中の赤血球を破壊してしまう物質が含まれています。貧血の原因になります。 チョコレート 中毒をおこしてしまうことがあります。 生の豚肉 生の豚肉にはトキソプラズマという害虫が含まれていることがあるので与える時は必ず火を通しましょう。 鳥や魚の骨 喉や消化器官を傷める可能性があります。 ドッグフード 犬と猫の必要な栄養分には違いがあるので、ドッグフードを与え続けていると猫に必要な栄養が摂れず、目が見えなくなるなどの障害がでてきます。 牛乳 牛乳に含まれる乳糖をうまく消化できず、下痢をしてしまうことがあります。